これだから巨人は変わらない・・・

こんにちは、ごめ汰です!

遂にというべきか。当然ですね。

出ましたよまた...


老川オーナーの言葉

「若手の育成はもちろんだけど、

 それだけで優勝に一直線にいけない。

 新しい戦力を補強できるものはしたい。」


私には、若手の育成はちょっとして

無理なら5月からは若手をひっこめる。

だから、補強しまくれい!

に聞こえますね・・・


補強は好きだが、補強は下手。

もうそんなイメージしかないです;


巨人が補強に動いている選手とは?




前からよく報道されているのが、

中日のゲレーロ選手

ヤクルトのバレンティン選手

日ハムの増井投手  など


外国人選手については、

マイコラス選手、マシソン選手の動向を考えて

是非、外国人枠をしっかりと考えて頂きたいですね...


今季は枠があったの知らなかったの?と思うような

チームの作り方。


そしてまず、右の大砲がいないとの理由で

ゲレーロ選手とバレンティン選手をリストアップしたわけで。

村田選手をなぜ自由契約に?


日ハムの増井投手については、

マイコラス投手、マイソン投手の残留が厳しそうなので

わかりますが。。。


本当に巨人は変わらないですね;


育成が出来ない環境
   
  ↓

若い芽を摘む

  ↓

ベテランを使う

  ↓

今年は若返りがテーマ!


この繰り返しな気がします。

スポンサーリンク





そんなに補強が好きなのであれば、

ドラフトでは、即戦力のみにしたらどうですかね?

育成できないのなら。

短い期間で結果を出さなきゃ見捨てられるような

環境だと思うので;


そして人的補償で才能ある若い選手が

トレード移籍してしまう。


最近では、FAなどで獲得する選手は

全盛期を過ぎた選手が多いですね。


このようなチーム作りをしていて、

若返りとは。


高校野球の甲子園を見ていて、

好きな選手が現れると、


「巨人に来てほしい!」

と思う反面

「巨人には来ない方がいい!」

とよく思います。


もちろん巨人のユニフォームを着て

活躍する選手を見てみたいですが、


その選手の成長を考えると、

巨人には来ない方が...と

どうしても思ってしまいます;


若い選手いつでもいらっしゃい!

しっかりと育成するよ!

という巨人はいつになるのでしょうか;








この記事へのコメント